役に立つかも(?)しれない建築の話

日々、耳に入ってくる建築に関する、為になる情報や、面白いお話をUPします。

 

2014/01/10

XPサポート終了の件

お久しぶりです。新年を迎え、心機一転、さぼっていた更新作業を再開しようかと思います。

今回は建築のこととは、少し違うのですが、最近、ニュース・新聞等で取り上げられている、Windows XPのサポート終了についてです。

2001年に発表されたXPですが、ついに今年の4月9日でサポートを終了してしまいます。終了までちょうど3カ月ということでしょうか。昨日もニュースで取り上げられておりました。

昨年10月の調査で国内でのOSシェアがまだ2割近くあるとの事なので、PC台数を多く保有する法人関係は大変でしょうね・・・。OSだけ替えるっていう訳にはいかないでしょうからね・・・。

 

かく言う、私自身は、昨年中に新しいPCを買い与えて(?)いただき、今もそのPCで作業をしております。

XPのサポート終了間際まで、旧PCを使用していようと思っていたのですが、その主な理由が、

①使用しているCADのデータやマスタやらの移管が面倒くさいし、手間がかかる。

②新しいOfficeのソフトが使いにくい(メールソフトが変わってる、エクセルやワード変わりすぎ)

特にエクセルの、セルを移動する時の動きが微妙に気持ち悪いのですが・・・^_^;

 

しかし、旧XPマシンで問題が発生するようになりまして・・・。これで困っておられる方、結構いらっしゃるんではないかな?CPUの使用率が高止まりする(100%にずっとなってるんですけど!)というヤツです。

朝、会社きてPCの電源入れると、じきにこれが始まり、CPUがず~と『ウィ~ン』と唸っております。何もソフト使用してないのに、CPU使用率が100%になって、これが半日は続きます。この状態だと、CADはもちろん、エクセルやワードすらまともに動きません。

Microsoft Update というのが、関係しているようで、マイクロソフトのHPに載っていた暫定対処策やMicrosoft Updateを無効にする(お勧めはできないのですが・・・)等やって、一時は収まるのですが、また次の日には、同じ事象が起きるといった感じだったので、もうXPを使用することをあきらめました(笑)

ただし、同じバグでお悩みの皆様。どうやら原因も分かり、今月には、マイクロソフトから修正パッチというヤツが発表されるそうなので、ご安心ください。

XPサポート終了が近いからでしょうか、このバグについての対応遅すぎやしませんか!?

 

と言う訳で、渋々新PCを使用し始めましたが、処理スピードが圧倒的に早いし(マシンのスペックが違い過ぎるからですけど・・・)、慣れてくると新しいOSの方が色々と便利です。何事も慣れですね・・・。

 

マイクロソフトのXPサポート終了のお知らせはこちら↓

https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/xp_eos.aspx

サポート終了に伴うリスク等が掲載されています。ご確認ください。

 

 

≪前へ   TOP   次へ≫

Homeに戻る